トップ 住居・住宅情報トピックス デポジット返却関連 > 月例 退去後60日デポジット返却フォロー報告

NO.
月例  退去後60日デポジット返却フォロー報告
         
 
 
 
2011年 2月
 
 
 
2010年  3月


 退去後60日以内、デポジット返却フォロー報告(11月15日現在)
【メルマガ161号掲載】  2011.11.17

1.49 Suites  8月23日 退居
  来週中にデポジットを受取れる。借主の会社担当者が諸経費を清算するのが遅かったため。

2.The Cartton@49  8月29日 退居
 上同と同じ理由で遅れている。デポ受取日は未定。

3.Piyathip Place  8月31日 退居
 借主側の書類が洪水により紛失。洪水が落ち着いてから受取れる。

以上の3件の他に
 (1)民亊裁判所で、デポジット返却について訴訟中 1件。
 (2)オーナーが、デポを返却しないので訴訟準備中 1件。
   計2件が懸念になっています。



 退去後60日以内、デポジット返却フォロー報告(10月15日現在)
【メルマガ160号掲載】  2011.10.17

 今月は、1人残らず退居後60日以内に返却しました。

 ちなみに、タイの民商法では、不動産デポジットに関する時効は5年です。



 退去後60日以内、デポジット返却フォロー報告(9月15日現在)
【メルマガ159号掲載】  2011.9.15

1.Prasanmitr Thani 7月1日 退居
  ダメージがあり、オーナーと交渉していて、それで返却が遅れている。

2.Le Cullinan Apartment 7月2日 退居
  電話代の請求書が遅れているため、それにより返却が遅れている。

 コメント:今月は、計2人が60日以内にデポジットが返却されませんでした。又、先月で報告したAvenue 61に住んでいたお客さんの件で、来月12日に民事裁判が行われます。審理に入る前に和解し、解決する見込みです。



 退去後60日以内、デポジット返却フォロー報告(8月15日現在)
【メルマガ158号掲載】  2011.8.18

 1.Avenue61 2011年 4月9日 退居
   オーナーは西洋人で、デポジットを返す意志がない。結局、お客さんと相談した結果、民事裁判に訴えることになった。

 2、3 The Rajdamri Service Residence 2011年 6月11日、6月15日退去の計2名
   オーナーのスタッフがゆっくりと事務処理をしたため、遅れた。来週には受け取れる予定。

 4.IconⅠ 2011年 6月7日
   オーナーがゆっくりと事務処理したため遅れた。あるいは当社のスタッフが督促をおろそかにしたためか…。

 コメント:今月は合計4人の人が60日期限をオーバーしました。なお、先月号でお伝えしていたM.S.I.TowerⅡのデポジット返却が済み、やれやれでした。
 なお、オーナーが返却に応じない場合の最終手段である政府の消費者苦情委員会への提訴は、そのオーナーが5つ以上の部屋を所有していることが条件で、1~4室のオーナーに対しては利用できません。



 退去後60日以内、デポジット返却フォロー報告(7月15日現在)
【メルマガ157号掲載】  2011.7.18

 1.M.S.I.TowerⅡ  2011年 4月2日 退居
  オーナーが変更になり、新オーナーに督促している。7月12日、デポジットを返却するようお願いの手紙を出した。  今後、再度手紙をだして、返却日が指定されない場合、政府の消費者苦情委員会に提訴することにする。

 2.Supalai place  2011年 4月4日 退居
  経費の精算が遅れたため、デポジットの返却が遅れた。今月27日に、小切手で受取れることになっている。

 3.Avenue 61  2011年 4月9日 退居
  退居後、3ヶ月が過ぎているが、オーナーはデポジットを返す意志がないようです。よって、消費者苦情委員会に提訴する準備をしている。

 4.Baan Suanpetch  2011年 4月30日 退居
  お客さんが光熱費などの諸費用を支払わなかったため、デポジットの返却が遅れた。しかし、今月の22日に小切手を受取る事になっている。

コメント:以上の4件はいずれも3ヶ月を過ぎており、公約の60日以内に返却できず申し訳なく思っています。つまり、先月のレポートは、正しくなかったということです。さらに、悪いことに、そのうち2件は法的処理をしなければならないケースになっています。 一生懸命努力しても、この結果なのですから、デポジット返却は大変労力がかかる作業です。

 お客さんの理解をお願いします。


 退去後60日以内、デポジット返却フォロー報告(6月18日現在)
【メルマガ156号掲載】  2011.6.18

 今月は、全員60日以内に、すべてのデポジットを返却しました。



 退去後60日以内、デポジット返却フォロー報告(5月16日現在)
【メルマガ155号掲載】  2011.5.16

 今月は次の1件のみ、デポ返却が遅れました。

 Royal Kensington 2011年2月23日退去、オーナーが外国に行っていてサインしてくれないとのこと。理由にならない理由を述べています。
 今月中には小切手がふり出されるとのこと。当社としては、オーナーに対し、60日以内にデポを返却するようお願い文を提出することにしました。



 退去後60日以内、デポジット返却フォロー報告(4月16日現在)
【メルマガ153号掲載】  2011.4.20

 今月は退去後の60日以内に、すべてデポジットを返却しました。

 この全員返却という記録は、このレポートを開始してから、初めての快挙です。担当者に「よくやったー」と褒めてあげました。

 お客さんの中には、デポジットが2ヶ月過ぎても戻らないと、グチっている人もいるようですが、当社のお客さんにとってこのグチは無縁です。


 退居後60日以内、デポジット返却フォロー報告 (3月18日現在)
【メルマガ153号掲載】 2011.3.18

1. Siri Residence 2010年12月11日退去
 目標を約1ヶ月間すぎてしまった。原因は、お客さんが光熱費の支払いを遅れたからとのこと。
しかし、いずれにしても当社のフォローが良くなかったという反省になります。社長は、「こんなに長くなっちゃ、だめじゃないの」と不満をボツリ。この件返却が遅れてすみません。

2. The Bangkok 61 2010年1月15日退去
 オーナーがモタモタして光熱費の処理が遅く、結果的に60日が過ぎてしまった。もちろん、当社のフォローが良くないのも遅れた原因の一つとして認めます。

 以上、2件が目標達成できませんでしたが、
「よくがんばった」と担当者にねぎらいの言葉をかけてあげました。

[関連記事]
デポジット返却が退去後60日かかる理由



 退居後60日以内、デポジット返却フォロー報告 (1月18日現在)
【メルマガ151号掲載】 2011.1.18

1.Romsai Residence 2010年10月21日退居
  借主が、諸経費の支払いを遅らせたため、結果的に60日が過ぎてしまった。
今週中に完了予定。

2.Waterford Pard 2010年10月30日退居
  オーナーが諸経費の請求遅れたため、結果的にデポジットの支払いも遅れた。

3.Supalai Place 2010年10月28日退居
  オーナーが外国に行ったため、支払いが遅れた。
今月20日に帰国するため、その後に支払われる予定。

4.Siri Residence 2010年11月1日退居
  部屋のダメージがあり、その金額を巡ってやり取りしている内に、支払いが遅れてしまった。
この件については、当社として責任を感じます。

5.Romsai Residence 2010年11月9日退居
  アパート側が、諸経費の清算が遅く、そのために遅れてしまった。
この件で、オーナーに対して早く清算するようレターを出す事にした。

6.Shanti SedanTower 2010年11月13日退居
  オーナー側が諸経費の清算が遅いため、結果的に遅れてしまった。
アパート側の支払いが毎月20日なので、2月20日に支払われる予定。

コメント:
  今回は合計6件が、退居後60日以内にデポジットが返金できませんでした。 当社としては、オーナー側、借主側に協力を得て、60日以内返却に努めていきたい。 なお、昨年1年間では、1件のみデポジットが返却されておらず、現在に至っています。 この件は、相手が警察の方なので、低姿勢でお願いしています。

[関連記事]
退居後60日以内、デポジット返却レポート(12月15日現在)
デポジット返却が退去後60日かかる理由



 退居後60日以内、デポジット返却フォロー報告 (12月15日現在)
【メルマガ150号掲載】 2010.12.15

1.El Patio 8月28日 退居
借主である会社の担当者が、業務量が多いため、結果的に遅れた。
今週中に小切手を受け取れる。

2.Sethiwan Mansion 9月20日 退居
オーナーの支払いが遅い。12月27日に小切手を受け取れる。

3.Royal Kensington 9月30日 退居
オーナーの支払いが遅い。12月17日に小切手を受け取れる。

4.Las Colinas Condo 9月30日 退居
オーナーの支払いが遅い。12月17日に小切手を受け取れる。

5.Citi Smart Condo 9月30日 退居
オーナーの支払いが遅い。12月16日に小切手を受け取れる。

コメント:
オーナーの支払いが遅い。なんとかして欲しいものです。

[関連記事]
退居後60日以内、デポジット返却レポート(11月15日現在)
デポジット返却が退去後60日かかる理由



 退居後60日以内、デポジット返却フォロー報告 (11月15日現在)
【メルマガ149号掲載】 2010.11.15

1.Waterford Diamond Tower  8月28日 退居
オーナー側のデポジット返却が遅れている。
今週中には、小切手を受け取れる予定。

2.Sriratthana Marsion Ⅱ 8月28日 退居
借主が諸経費を支払わないで現在に至っている。
当社のフォローが良くない、と認めざるを得ません。

3.El Patio 8月28日 退居
アパート側からの諸経費請求が遅れて現在に至っている。
この物件については、今後、督促を頻繁にする必要あり。

4.Grass Suites 8月29日 退居
オーナーからの小切手受取り待ち。オーナー側の処理が遅い。

5.Mona Suites 9月1日 退居
オーナーからの諸経費請求が遅れているため、デポジットと返却も遅れている。

コメント:毎月 5件~6件が退居後60日以内に返却されていませんが、
90日以内には返却されていますので、まあまあの出来ではないでしょうか?

[関連記事]
退居後60日以内、デポジット返却レポート(10月15日現在)



 退居後60日以内、デポジット返却フォロー報告 (10月15日現在)
【メルマガ148号掲載】 2010.10.15

1.Baan Siri 31 7月10日退居
 先月で解決せず、今月に持ち込んだ。
 オーナーと借主で諸経費の支払い額が決まらず、現在に至っている。
 今後、双方が直接会って話し合う方向で進めている。

2.Destiny@55 7月27日退居
 貸手が多額のダメージ料を請求しており、借手は認めている。しかし、その支払いが遅れている。

3.EI Patio 7月31日退居
 オーナーが諸経費清算を遅くしているため。今週中に小切手を受取れる。

4.Royal Kensington Mansion  7月31日退居
 オーナーが小切手の支払いを遅くしている。

5.Acodamia Grand Towering 7月31日退居
 オーナーは理由なく、デポジットを返却しない。
よって、政府の消費者苦情委員会に申し立てる方向で進めている。

[関連記事]
退居後60日以内、デポジット返却レポート(9月17日現在)
デポジット返却が退去後60日かかる理由



 退居後60日以内、デポジット返却フォロー報告 (9月17日現在)
【メルマガ147号掲載】 2010.9.17

1.Siri Residence 6月11日退居
 オーナーが諸経費清算を遅くしているため、3ヶ月が過ぎてしまった。
現在、清算中、今週中に完了予定。

2.The Grand Sethiwan 7月3日退居
 貸主の会社側担当者が、諸経費の支払いの遅延を理由に、60日過ぎても返却されていない。

3.Premier 20 7月3日退居
 デポジット の領収書へオーナーへ返却しないため、デポ返却が遅れている。

4.Twin Peaks 7月4日退居
 同上の理由により。

5.Baan Siri 31 7月10日退居
 オーナーが諸経費清算を遅くしているため。

コメント:
 今回は合計5件、退去後60日過ぎてもデポジットを返却できませんでした。
その理由をみてみると、オーナーと借主側の事務処理が遅いから、ということができます。なお、デポジットの領収書は必ず大切に保管しておいて下さい。これがないばかりに、遅れる原因になっています。

[関連記事]
退居後60日以内、デポジット返却レポート(8月20日現在)
デポジット返却が退去後60日かかる理由



 退居後60日以内、デポジット返却レポート(8月20日現在)
【メルマガ147号掲載】 2010.8.20

 コメント:退居後60日以内に、デポジットを返却できなかった物件は、以下の通り合計8件です。
この中には、退居後4ヶ月が過ぎても未返却の物件が3件もあり、残念な数字です。
しかし、当社はどんなに遅れても必ず返却させており、未解決の物件はありませんので安心下さい。
なお、№1のFifty-fifth Condo の物件は、法的手続きをすすめる方向でお客さんと打合せ中です。

1.Fifty-Fifth Condo 3月27日退居
退居の時、ノーダメージであったが、その後ダメージとして通告してきた。お客さんがコンプレインしたため、オーナー側(法人)で話合いを行っており、それで遅れている。

2.Baan Wannapa 4月10日退居
退居時のダメージに上乗せして、追加ダメージを請求してきたので、当社がお客さんに代って交渉した。その結果、オーナーの顔をたてるため、当社も一部負担して、結果的にお客さんは当初のダメージ料を支払い済。 今週中に小切手受取り可能。

3.The Residence 4月30日退居
退居後、お客さん、及びオーナーが支払いの遅延のため60日が過ぎてしまった。
来週中に小切手受取り可能。

4.Arcadia Tower 5月1日退居
オーナーが高齢で病院に入院中。そのため遅れている。
今月中に返却される予定。

5.Waterford Daimond 5月22日退居
事務処理が遅いため60日が過ぎてしまった。何度も早く返却するようお願いしても、早く処理してくれない。このことについては別に、要請書を出す必要ありと考える。

6.Waterford Park 5月27日退居
お客さんが諸費用の支払いを済ませないため遅れている。
今後、諸費用は当社が立て替え払いをして、デポジットを返してもらうようにする、という方向で進める。

7.MSI Tower Ⅱ 5月29日退居
お客さんが諸費用の支払いが遅いため、結果的に60日が過ぎてしまった。
今月中には受取り可能。

8.Krungthep Thani 5月31日退居
オーナーのスタッフが退職して、新職員になった。そのため不慣れのため遅れた。
今週中に受取り可能。

[関連記事]
退居後60日以内、デポジット返却レポート(7月14日現在)



 退居後60日以内、デポジット返却レポート(7月14日現在)
【メルマガ145号掲載】 2010.7.14

1.Promsak Mansion  3月1日退居
 担当者のみで話し合いをし続けたため、解決せずにずるずると現在に至ってしまった。
このことは当社の対処方法がまずかった、と言わざるを得ません。
解決方法:当社の日本人担当者が、お客さんの所属する会社の社長と相談することにより、解決が可能と思います。

2.Fifty-Fifth Condo 3月27日退居
今週中に、オーナーからチェックを受け取れる。
遅くなった理由:オーナーが外国へ行って連絡が取れない、と言っていたのが、勤務先に連絡をとったところ返却可能になった。

3.Sethiwan Mansion  3月30日退居
借主が日本に帰国。
その後、所属会社の担当者が諸費用の支払いを遅らせてしまい、デポジット返却も遅くなった。

4.Baan Wannapa  4月10日退居
オーナーの諸費用清算が大幅に遅れた。かつ、退去時にはノーダメージだったのにも係わらず、新たに請求してきた。それに対して、お客さんの所属会社はダメージの請求を認めない。
今後の扱い:政府の苦情委員会に上げて話し合う方向で対処する。

5.Supalai Place  4月30日退居
借主が諸費用を遅く支払ったため、デポジット返却も遅れてしまった。
今週中には受け取れ得る予定。

6.The Residence  4 月 30 日退居
オーナーの私的理由を云って、なかなか返却が遅れている。
当アパートの性格のようで、早くしてもらうようお願いするしか方法なし。

7.同上 4 月 30 日退居

コメント:
  今回は計 7 件の遅れです。退居後 60 日間以内の返却での方針で処理していますが、いろいろ理由があって遅れるケースが生じています。基本的には、オーナーの義務(?)なのでしょうが、借手としても権利を行使しないと返却されなかったりして・・・・。関係者の協力をお願いする、といういつもの表現で終わります。

[関連記事]
デポジット返却が退居後60日かかる理由
退居後60日以内、デポジット返却レポート(6月14日現在)



 退居後60日以内、デポジット返却レポート(6月14日現在)
【メルマガ144号掲載】 2010.6.14

 6月10日現在、60日を過ぎて、未返却になっている人が計12名います。
いつもの月は4~5名ですので、いかに多いかわかります。

 その理由は、もちろん赤シャツによる道路占拠の影響によるものです。特に3月中に退居した人が遅れています。さらに、3月の退居者が多かった、という理由にならない理由を云ってデポ返却が遅れています。

 従来、デポジットの返却が遅れているケースについて、個々にコメントして来ましたが、今回は数が多いので(手抜きをして)省略します。(許して!)

 なお、当社の担当者は一生懸命がんばっていますが、オーナーのゆっくりした対応に、イラついているようです。

[関連記事]
退去後60日以内にデポジット返却フォロー報告(4月15日現在)
「デポジット返却2ヶ月以内」の目標



退去後60日以内、デポジット返却フォロー報告 (4月15日分)
【メルマガ142号掲載】 2010.4.20

1.Sethiwan Mansion (1月15日退居)
  諸経費清算が遅い。

2.G.S Mansion (1月29日退居)
 オーナーと管理会社の話し合いが遅れている。

3.Baan Somthavil (2月7日退居)
 オーナーが理由なく、ゆっくりと処理している。

4 .49 Suties (2月13日退居)
 諸経費清算が遅いため。

コメント:アパート側の担当者がのんびり、ゆっくり事務処理しているので、その結果デポジット返却が遅れるのです。当社として、退去後60日以内にデポジットが返却されるよう努力します。

 【関連記事】
 退去後60日以内にデポジット返却フォロー報告(2月15日現在)



退去後60日以内、デポジット返却フォロー報告 (2月15日現在分)
【メルマガ140号掲載】 2010.2.19

1.Supalai Place (11月30日退居)
 今回は、退去後60日後が過ぎてもデポ゚返却ができなかったのは、この1件のみです。

 さて、ここに住んでいた借主はすでに日本に帰国していて、上司に当たる社長が窓口になってくれました。肝心のダメージですが、室内でゴルフの素振りを行ったため、結構キズが発見されました。合計14か所のダメージで、計62,000バーツ請求されました。

  しかし、デポジットは58,000バーツしかなく、4,000バーツを値引いてもらいました。
なおかつ、電気代などの諸費用がありましたが、そのお金のデリバリーが面倒ということで、棒引きにしてもらいました。この社長さん「当社に全面的におまかせ」と前々から言ってくれていたので、伸びの~びと処理できました。

[関連記事]
退居後60日以内にデポジット返却フォロー報告 (1月15日現在)



退去後60日以内、デポジット返却フォロー報告 (1月15日分)
【メルマガ139号掲載】 2010.1.15

1.Baan Siri 13   (10月30日退居)
 退居時、オーナーの代理人であるプラスプロパティー社が立ち会った際、「ノーダメージ」扱いににしたが、後になってオーナ ーから7,000バーツの請求が来た。よって、ダメージの有無について責任問題に発展している。

2.The Residence (10月30日退居)
 先月からの繰り越し案件で、オーナーの処理が遅いのと、お客さんの領収書が用意できなかっため、結果的に遅れた。しかし、近々完了予定。

コメント:プラスプロパティー社が管理している物件は、退居時のダメージについてトラブルが多く
     発生していますので、要注意です。

 【関連記事】
 退去時のダメージについて



退居後60日以内、にデポジット返却フォロー報告 (11月15日分)
【メルマガ138号掲載】 2009.12.17

1.Baan Siri24 (9月28日退去)
 オーナーは11月末支払うと約束していたが、約束を履行せず現在に至る。

2.Sethiwan Mansion (9月28日退去)
 電話代の清算ができていない、という理由で、延ばされてきた。

3.The Residence (9月30日退去)
 電気代の清算ができていない、という理由で、延ばされてきた。

4.The Trendy
 お客が会社に預けたお金が不足(わずか130バーツ)のため、清算できない。
当社が代わりに支払うことで近々済。

コメント:
 デポ払いが遅れているのは、オーナーが原因になっています。

 【関連記事】
 退去時のダメージについて



退居後60日以内、デポジット返却フォロー報告(10月30日現在)
【メルマガ137号掲載】 2009.11.19

1.Royal Kensington   (7月31日退居)
 アパート、及び会社(借主)の処理が遅いため。

2.Patana Court       (8月1日退居)
 アパート側の小切手振り出しが遅いため。

3. El Patio
 借主の諸費用不足。1,500バーツ不足。本人が日本へ帰った。会社は立て替えない。
結局、小林㈱が穴埋めすることで解決する。

4.Water Ford Park
 諸費用が7,000バーツ。本人は5,000バーツしか置いていかないで帰国。
そこで会社は保留している。結局、小林㈱が2,000バーツの穴埋めをすることで解決する。

5.Sunshine Court
 本人が諸費用(1,100バーツ)を支払わないでいるので、精算できずデポ返却されていない。

6.Royal Kenington
 オーナーが小切手を振り出し中。 オーナーの処理が遅い。

7.Montira Apart
 オーナーが小切手を振り出したが不渡り。
遅れた理由は、借主が小切手を受けとりに行かなかったので。

8.Supalai Place
 オーナーが外国人で、連絡がとれず、そのため遅れている。

9.Baan Wannapa
 オーナーが故意に遅らせているため。

10.Grand Ville House
 修理代の請求書が遅れているため、返却されていない。

11.Prasamit Thani
 借主の会社内での支払いをめぐって時間がかかり、そのため遅れている。

12.Baan Adisa
 オーナー側の事務処理が遅いため。

13.KC Court
 オーナー側の事務処理が遅いため。

小林社長のコメント
 多くのケースがオーナー側の事務処理が遅いため、結果的にデポジット返却が退居後60日を過ぎることになります。対策としては、オーナーに早く事務処理を行うよう、誠心誠意お願いするしかありません。



退居後60日以内、デポジット返却フォロー報告(9月30日現在)
2009.10.15

 当社は、お客さんが退居後60日以内にデポジットを受け取れるようにフォローしていますが、このことについて報告します。
 9月30日現在、計4件が未返却になっています。
その理由は以下の通りですが、いずれも微小な内容です。

1. ソイ63
電話代が請求されて来ないので、精算できない。

2. ソイ39
電気代が請求されて来ないので、精算できない

3. ソイ39
光熱費の支払いが済んでいないので、デポが返却されていない。
つまり、借主の会社の職員による事務処理が遅れている。

4. ソイ39
同上。

[関連記事]
・「デポジット返却2ヶ月以内」の目標
・デポジットを返却させた当社の実績



退去後60日以内、デポジット返却フォロー報告(8月30日現在)
2009.9.1

 当社は、お客さんが退去後、60日以内にデポジットを受け取れるようフォローしていますが、それについて報告します。8月30日現在、計4件が未返却になっています。その内容は、以下の通りです。

1.soi51スクムビット(以下3件ともスクムビット)
 ダメージ額が大きいため、再三再四オーナーと交渉してきました。
結局、ダメージ額の半額を当社が負担することで、解決しました。現在、オーナーの小切手支払い待ち。

2.soi39
 CAT(※注)の請求書が退去後約2ヶ月後に届いた。
そのためデポジット返却が遅れることになりました。

3.soi33
 オーナーがデポジット返却を渋って、少しずつ引き延ばしたのが、主な原因です。

4.soi15
 ダメージについて借主が解答を保留してきたため、時間がかかってしまった。どんな理由があろうとも、2ヶ月以内返却を目標としているので、借主、貸主に協力をお願いしているところです。

(※注)CAT(CAT TELECOM Public Company)
 元タイ通信公社で、国際電話と郵便事業を行っている。
TOT及びTrueが国内の固定電話事業に対し、CATはその双方の会社の国際電話事業を行っている。電話使用料金請求が、通常1ヶ月後であるが、時に2ヶ月後の時もあり、これがデポ返却に支障をきたしている。

[関連記事]
・「デポジット返却2ヶ月以内」の目標
・デポジットを返却させた当社の実績